働き方改革に関する記事一覧


働き方改革 雑記

IT業界の技術進歩や既存の技術が衰退して使えなかったりとか状況がわっていきます。 いままで物理サーバで構築していたシステムがクラウド環境へ移ったり、インフラ環境の構築方法や必要とされるスキルもかわってきています。 では、みなさん変化に対応できていますか? もちろん業務をこなしながら、あたらしいスキルを身に着けるのは非常にむつかしいですね。 「時間に追われている」「日常に余裕がない」などどうしても劣勢になっています。

iPhone リモートワーク 働き方改革

マイナンバーカードを使えばオンラインで特別給付金が申請できます。 スマートフォン (iPhone) で特別給付金を申請しましたので、手順と注意点を解説していきます。 必要なものがそろっていれば、約10分~15分程度で申請ができます。

リモートワーク 働き方改革

在宅勤務を行っているものの、やはり事務所での業務とは違ってきていろいろ不便なことがあります。 少しでも在宅ワークのをもっと快適にするパソコン回りのグッズを紹介します。

Microsoft365 働き方改革

Teamsのチャネルの投稿では情報がバラバラに配置されたりして、情報の再利用したりすることがむつかしいですね。 このような場合、コネクタ(Microsoft Power Automate)を追加することで情報を上手く利用することができたりします。 今回は、Microsoft Power Automate と Miroeosoft Planner を使うことで可能な活用方法をご紹介します。

Microsoft365 リモートワーク 働き方改革

Teamsはリリース当初から試行錯誤して利用しており、ユーザさんの利用も見てきました。 Teamsの活用する方法とよくありがちな運用の例をあげて、「Teamsはどうすれば効率的に利用できるのか?」という疑問にすこしでも解決策を見いだせるかと思います。

Microsoft365 働き方改革

Teams のコミュニケーションハブとして、プロジェクトのタスク管理を行い、チームのメンバーへのタスク割り振り、進捗管理を行うことができます。 Planner というアプリをタブに追加して、アプリでタスク管理します。

Microsoft365 リモートワーク 働き方改革

Teams にはメールを利用してメッセージ投稿できる機能があります。パートナーさんはメールを利用することで、Teams のみで業務のやり取りができ、業務の効率化が可能になります。

Microsoft365 リモートワーク 働き方改革

在宅勤務やリモートワークを実施するのに、会社から Microsoft Teams を利用するよう指示されるかたが多いと思います。 いままで会社でも一応 Microsoft Teams を利用していても、いざ在宅勤務で「Microsoft Teams ってどのように使えばよいのか?」という疑問が浮かび上がります。

Windows 10 リモートワーク 働き方改革

ちょっとした打ち合わせや会議を行いたい場合、web会議システムの Zoom がおすすめです。 Zoom のセットアップを紹介し、数人でのweb会議の開催を行っていきます。

Windows 10 リモートワーク 働き方改革

今年に入り在宅勤務といった事務所に出社しないで業務を行う形態が進行してきました。在宅勤務といっても、「自宅での勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィスでの勤務」といった形態があります。 漠然と何をすれば良いのかが見えない状況で、どうすれば在宅勤務が可能か?という視点で必要な環境を考えてみました。