【開封レビュー】DJI Osmo Mobile 3 コンボを購入した率直な感想

ガジェット

スマホ用スタビライザーを探していたら、ちょうど値段も手ごろな ”Osmo Mobile 3 コンボ” を購入してみました。

家電量販店で店頭でいくつかスタビライザーの費用・大きさなど比較してみて、その中でOsmo Moble 3 を購入したいと思っていました。




 

同じような金額の製品を比較してみても、”Osmo Mobile 3 コンボ” が費用的に魅力的ですね。取り急ぎ購入してみました。

 

DJI Osmo Mobile 3 本体は折り畳み式のスタビライザーなので、「すごくコンパクト」という印象です。

 

率直な感想(大きさ・重さ)

触った第一印象は、グリップ感は「すごくいい感触」です。

どういうことかというと、「手にしっくりくる」感じと言ったら伝わるでしょうか。

重さは405gなので、少しずっしり感があり、しっかりホールドできそうです。

スタビライザー製品の中でも安価な部類に入る “DJI Osmo Mobile 3” は「買い」だと思います。(本格的なスタビライザーだと3万~5万します)

 

開封してみると、以下のものが入っていました。
• 本体
• 本体ケース
• USB TypeCケーブル
• ミニ三脚
• 巾着袋
• 何かのシール
• 説明書

 

“DJI Osmo Mobile 3″ 本体のみの販売もありますが、”Osmo Mobile 3 コンボ” を購入するのをおススメします。

コンボにはケースと三脚が付属してます個別に購したら「本体ケース 3,570円」「ミニ三脚 2,200円」もします。

 

 

スタビライザー購入の動機

スタビライザー購入した動機なのですが、スマホとかで景色の写真・動画を撮っています。

スマートフォンで撮影する際にいくつか困ったことが起こっていました。

人混みの中からだと、スマートフォン撮影が難しい。
スマートフォンでの撮影する角度の調整が難しい。
シャッターを押すと微妙にブレる。手を挙げての撮影だとボタンに指が届きにくい。
歩いての動画撮影は、ブレる。

 

また、購入するきっかけとなったのは、中華製品だと購入後のサポートや対応が面倒だったりします。

基本的に海外製品では物を販売するのみが多いと思いますが、DJI製品では日本国内に正規代理店があります。

製品に対して困ったことの対応やサービスの提供があるのは心強いですね。

 

製品の機能面について

操作は、スマートフォンにアプリを入れて制御する方式です。

Osmo Mobile 3 の本体にある各ボタンと連動して、「写真撮影」「動画撮影」「画面回転」「上下左右の向き変更」「ズームアウト、ズームイン」などが片手で可能となります。

スポーツ向けの激しい動作にも対応できると謳っています。

結構使えますね。

例えば、

  • 年次行事の写真・動画
  • 行楽シーズンの歩きながらの花見動画
  • お子様の運動会で並走しての動画撮影

など、利用シーンが浮かびます。何かしら年中利用できてしまいます。

 


 

自撮り棒でよいのでは?

自撮り棒でよいじゃないかという感じもしなくもないのですが、しっかりと撮影できる方でしたら、「それもあり」と思います。

ただ、現実的に人が大勢いる中で被写体を撮影する場合、どうも綺麗に撮影できません。

どうしても角度が納得できなかったり、動画はブレたりします。

しばらく自撮り棒を利用しての撮影してみますと、やはり画像・動画のブレは気になりますし、1年に一回あるかないかの動画撮影がもったいないと思います。

それでしたら、スタビライザーでしっかりブレ対策をしたほうが記録に残せると考えました。

 

まとめ

DJI Osmo Mobile 3 コンボは、おススメします。

スタビライザー自体は、いくつかありますが、正規代理店のあるのは心強いと思います。

今後しばらく触ってみて、使い方や使い勝手をレビューする予定です。

 

DJI Osmo Mobile 3 コンボ 購入リンク

 

 




スポンサードサーチ