[PowerShell] Hyper-V での仮想マシン操作#1 (起動・停止)

5.1 Hyper-V Powershell WindowsServer


Hyper-Vサーバでのコマンドレットによる操作をまとめることに。
今回、仮想マシンの電源起動・停止などを記載しようと思う。

毎回GUIですと、いざPowerShellで見ようとすると、コマンドレットが出てこず、頭のなかが「?」な状態になってしまう。これを回避するには日ごろから思い出せるようにしようと思った次第です。

(1)仮想マシンの起動

Start-VM -Name “VM1”

 

(2)仮想マシンの一時停止

Suspend-VM -Name “VM1”

 

(3)仮想マシンの再開

Resume-VM -Name “VM1”

 

 

 

 

 

(4)仮想マシンの停止

Stop-VM -Name ”VM1″

 

 

基本的には4つのパターンに網羅されるかな。
ここから、Get-VMコマンドレットを使って、VM状態により、アクションをさせてみたいと思います。

◆仮想マシンの状態を表示

Get-VM | where {$_.State -eq ‘Running’}  #稼働中

Get-VM | where {$_.State -eq ‘Off’}  #停止中

 

◆仮想マシン停止中の一覧を検索し、すべて起動する

Get-VM | where {$_.State -eq ‘Off’} | Start-VM

 

◆仮想マシン稼働中の一覧を検索し、すべて停止する

Get-VM | where {$_.State -eq ‘Running’} | Stop-VM

 

今回はこんなところで。

 




スポンサードサーチ