Windows 7 サポート終了後の対応(簡易版メモ)

Windows 10

2020年1月14日(日本時間)をもって、Windows7のサポートが終了しました。
日本マイクロソフトによると、2020年1月の時点で日本国内で稼働しているWindows7端末は約1400万台だと推測されるらしいです。
Windows7期限切れた後にどうしたらよいか考えてみました。

 



 

1.サポート切れのOSはどうなるのか

Windows7のサポート期限切れにより、Microsoft 社から以下の提供を終了しました。

  • 仕様変更、新機能のリクエスト
  • セキュリティ更新、プログラム サポート
  • 無償、有償サポート

この中で困るのは、「セキュリティ更新、プログラム サポート」と記載されている項目です。

毎月のWindowsUpdateパッチが配信されないことを意味します。

パソコン自体は利用できますので、パソコンが故障するまで利用継続できます。

但し、脆弱性の修正パッチが配信されず、パッチが適用されない場合、

・ウイルス感染、マルウェア感染でパソコンが利用できない
・クレジットカードなどの個人情報が採取される
・パソコンが踏み台にされ、悪利用される

など弊害が発生します。

 

対応方法

個人向けの場合

対応方法は一つ。
「Windows 10 へアップグレードすること」のみです。

 

企業向けの場合

「修正パッチが適用される延長プログラム」があります。

2023年1月までセキュリティ更新プログラムを提供するサービス「Windows 7 Extended Security Update」です。

販社からライセンス購入し、プロダクトキーを入れ替えれば、継続してパッチ適用できます。

但し、契約は1年ごとで年々費用は上がっていきます。

 

2.Windows10へのアップグレード

Windows10への無料アップグレード提供がありましたが、すでに終了しています。

これでは無償アップグレードできないと見えます。

しかし、実際はツールを利用すれば、Windows10 へアップグレードできるようです。

必要なものは、マイクロソフトの提供している「MediaCreationTool」と「Windowsプロダクトキー」以下の2つです。

リンク : https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

 



 

3.アップグレードの注意点

すべてのPCがWindowsに対応しているわけではありません。

「MediaCreationTool」の実行は自己責任です。

アップグレードに失敗したら、OSが正常に起動しないなどの可能性があります。

MediaCreationToolでインストールメディアのみ作成しておいて後程アップデートするのも良いと思います。

OSドライバー類が対応していないとか、不具合が発生する場合もあります。

そのため、システムバックアップを確実に取得し、最悪の場合でもリカバリできる環境を整えてから行いましょう。

おススメなのが、Acronis True Image というソフトウェアです。インストールも復元も簡単にできます。

ガイドムービー付きなので、確認しながら対応できます。

スポンサードサーチ