Appleに関する記事一覧


Apple iPhone ガジェット

Apple AirTag を購入してみて、さっそく初期設定を行ってみました。 そのまま使えるのかと思ってましたが、iPhoneやiPad側にも設定が必要でしたので設定の項目と内容を記載していきます。 AirTag とはなにかとザックリといいますと、「持ち物の場所を特定してくれるタグ」です。 たとえば、バックやカメラといったものをどこかへ置き忘れてしまった場合は、iPhoneまたはiPadの「探す」アプリから探してくれます。 AirTag の大きさは3.2cmくらいで、厚みは8mmくらいでした。財布に入れるとしてもかさばる印象です。 イメージとしては、ちょうど「500円硬貨2枚を重ねた状態」になると思います。 また、1日使ってみて「AirTagを入れるケースは必要」と感じました。