Azure Microsoft365

Microsoft Intune の機能がAzure管理センターから新しい「Microsoft Endpoint Manager 管理センター」へ移行しました。 Azureポータルからリンクが消えてしまい、「どのURLへアクセスしたらよいのか・・・」と迷うことがあります。 調べたところ、Microsoft Intuneの管理は「Microsoft Endpoint Manager 」というブランドへ統合されました。 安心していただきたいのは、Microsoft Intune 自体のサービスはありますし、継続しています。 どうゆうことかというと、Microsoft Endpoint Managerブランド(名称)として、いくつかのMicrosoft ソリューションを1つのブランドとして統合したわけです。 サービスが統合された為、今まで Azureポータルから利用していた管理センターも新管理センターへと移行しています。

Exchange Online Microsoft365

ドメインとビジネス向けMicrosoft 365 ライセンスを購入して、いざMicrosoft 365 メールを使おうとしても、「どうやったらメール送信できるの?」って思いませんか。 ドメインネームサービス(DNS)に独自ドメインを登録したものの、Microsoft 365 管理センターでの設定が必要で、かなりむつかしと感じると思います。 Microsoft 365 のビジネス向けライセンスを購入して、Excjange Online が利用可能になり、DNSの設定しようとするといろいろ不明な個所がありました。 実際、DNS設定を行ってみると、ポイントを抑えると意外と簡単です。 そんなMicrosoft 365 の Exchange Online で独自ドメインメールを送信したい方へ、詳しい手順を公開します。

Microsoft365

Microsoft 365 には個人用と法人用のプランが存在しています。 今回、法人用プランを個人(個人事業主)で契約できるのか?と思い、試しに利用してみました。 結論からいって、個人でも法人用プランは申し込み可能です。

雑記

IT業界の技術進歩や既存の技術が衰退して使えなかったりとか状況がわっていきます。 いままで物理サーバで構築していたシステムがクラウド環境へ移ったり、インフラ環境の構築方法や必要とされるスキルもかわってきています。 では、みなさん変化に対応できていますか? もちろん業務をこなしながら、あたらしいスキルを身に着けるのは非常にむつかしいですね。 「時間に追われている」「日常に余裕がない」などどうしても劣勢になっています。

Microsoft365

Teams利用しようとして、パソコンにログインしてみたけれど、Teamsが起動しない現象が発生。 事の発端は、Aさんが利用しているパソコンで、AさんがTeams利用していました。 BさんがTeams利用しようとして、AさんパソコンにBさんアカウントでログインしました。

iPhone ガジェット

先日2020年10月14日に iPhone 12 の発表が行われ、新しい5G通信が利用できるとあって、かなり期待してしまいます。 スマホ本体も10月23日より順次販売が開始されますので、もうすぐですね。 とはいっても、iPhone12 でいままで通りに通信ができるのかとか疑問に思っています。 スマホ本体の仕様では、5Gと4Gの両方が利用できると見えますし、そのまま4Gとして利用できるのではないかと思ってしまいます。 NTTドコモ/au/Softbank といったキャリアを利用している場合ですと、5Gの回線契約の変更などで対応できてしまいますので安心がありますね。 しかし、サブブランドや格安SIMといった自分でしらべて自己責任で契約するユーザの場合ですと、「SIMを差し替えたら使えるのか」「5Gを利用する方法は何か」などしっかりと確認が必要です。 動作確認が取れない場合に、SIMを利用すると保証外でのスマホ利用となったりします。

Network

ファイアウォール機器とかネットワーク機器は常時起動しているなかで、まれに何かしらのアラートが発生することがあります。 とはいっても、機器障害や動作確認などの切り分け方法ってむつかしいですよね。 どういったコマンドを利用したら状況がわかるのかということに焦点を当てて、主にアラートが発生した際にみる最小限のコマンドを集めてみました。 各手順はSSHでのコンソール接続によるCLIでのログ取得を行います。コマンドは、FortiOS5.6系での動作を確認していますので、6.x系以上ですと内容がことなる可能性がありますのでご留意ください。

Azure Powershell

管理用パソコン(Windows10)でAzure 用のPowershell コマンドレットをインストールした方法と注意事項を記載していきます。 このごろ Azure 環境/Microsoft 365 環境の変更にPowershell を多用する機会が増えてきました。 とくにMicrosoftのAzure/Microsoft365の管理画面では設定できない項目が多く、Powershellによる操作が必要となってきます。

Powershell Windows 10 WindowsServer

仮想環境で検証用のOSでいろいろ試していたところ、ドメインのポリシーが適用されていない現象が発生していました。 ドメイン環境へログインもできず、また gpupdate コマンドでポリシーは最新化もできず。どうやらセキュアチャネルが破損した様子でドメインへの認証やGPOが適用できていない模様。 イベントログを見てみると、Netlogonエラーが発生していたので、 Test-ComputerSecureChannelコマンドで修復しました。

Microsoft365 リモートワーク

Teamsのweb会議で大勢の人数が参加する場合、出席者リストをダウンロードして確認する方法があります。 しかし、Microsoftからの機能は提供されているにも関わらず、「出席者リストがダウンロードできない」「会社のTeamsでは機能が利用できない」といった状況が発生しています。 この状況の場合ですと、出席者リストは、管理者がPowershellコマンドで設定する必要があるため、契約しているMicrosoft365テナントの管理者でポリシーの設定変更することで対応できます。