WindowsServerに関する記事一覧


Powershell Windows 10 WindowsServer

仮想環境で検証用のOSでいろいろ試していたところ、ドメインのポリシーが適用されていない現象が発生していました。 ドメイン環境へログインもできず、また gpupdate コマンドでポリシーは最新化もできず。どうやらセキュアチャネルが破損した様子でドメインへの認証やGPOが適用できていない模様。 イベントログを見てみると、Netlogonエラーが発生していたので、 Test-ComputerSecureChannelコマンドで修復しました。

EventLog WindowsServer

イベントログで Microsoft-Windows-Perflib の1008エラー、2001エラーが出ていることをよく見ます。 サーバのイベントログを毎日監視している方はよく見るエラーですね。 しかし、このエラーの原因や対処方法がなかなか見当たりません。 原因はよくわかりませんが、エラーを消去(回避)する方法はあります。

Active Directory WindowsServer

Active directory のグループポリシーは便利な機能ですね。 ポリシーファイル(「ポリシーテンプレート」とも言う)は内容が新しくなるので、更新が必要です。 「ポリシーファイル(admxファイル)の追加方法がわからない」 といった基本的な手順を解説します。

WindowsServer 不具合情報

Windows Server でのDNSサーバに脆弱性が存在していて、パッチが適用されています。 DNSサーバはシステムする際には重要なサーバなので、 脆弱性の攻撃されるとセキュリティが担保できなくなり危険です。

Microsoft365 Windows 10 WindowsServer リモートワーク

リモートデスクトップサービス(RDS)やVDIのプール(グループ)設定された仮想デスクトップに対して Microsoft 365 アプリをインストール・利用する方法を紹介します。 「VDIやRDS環境でMicrosoft 365 ProPlus を利用できるのか?」という疑問があると思いますが、結論から「YES」です。

Windows 10 WindowsPE WindowsServer

Windows10 May Update (2004) のリリースされ、Windows 10 用の Windows アセスメント & デプロイメント キット (Windows ADK) も最新化されました。 ダウンロードリンクの紹介とインストール方法を紹介します。

ChromiumEdge Windows 10 WindowsServer

Chromium版Edge は手動により更新する必要があり手間がかかります。 しかし、Active Directory のソフトウェア自動展開する機能を利用すれば、Chromium版Edgeの自動配信することが可能です。

Windows 10 WindowsServer 不具合情報

6月10日にリリースされたWindowsUpdate一覧。 以下のソフトウェアについて、セキュリティ更新プログラムが公開されました。

Windows 10 WindowsServer

最新のパソコンやサーバでNASの共有フォルダへアクセスできないことがあります。 NASのマニュアルの通りに設定して、いざNASへ接続しようとすると、「アクセスできません」とのエラーメッセージが表示されたりしてどうすることもできません。

Windows 10 WSUS 不具合情報

3月過ぎてから、インターネットに接続が制限されたり、アプリケーションが使えなかったりした場合、 2月28日リリースのWindowsUpdateパッチ(KB4535996)の適用が関連している可能性があります。