さくらのSSL証明書をインストールし、WordPressをHTTPS化する 【独自ドメイン】対応

SSL WordPress


HTTPS通信を行うためには、SSL証明書をサーバに実装します。SSL証明書の実装すると、通信はすべて暗号化され、データのやりとが安全になります。

今回、さくらSSL証明書を購入して、他のホスティングサービスのVPSを利用して、SSL証明書を実装していく方法を記載します。

ブログ含むWebサイトのブラウザーのURLは、HTTPS通信が行なうのが一般化しつつあります。インターネットの世界では、「通信の傍受」「中間攻撃」「改竄」とか通信が暗号されないことで攻撃対象となり得ます。

様々なVPS上でWordPressでブログやWEBサイトを運営していると思いますが、今回「さくらインターネット」のSSL証明書を購入し、任意のVPSへ実装する方法を紹介します。お名前.com とか ServersMan@VPS などの任意のVPSに対応した内容になります。

 



 

1.SSL証明書購入前の準備について

ドメイン名をすでに取得し、すでにwebサーバを稼働されている方を対象としています。

事前に準備する物は CSR(Certificate Signing Request)です。
日本語では、署名要求と呼ばれます。

もし、ドメイン名を取得されていないのでしたら、「お名前.com」などのレジストラでドメインを取得してからの操作になります。

 

 

ドメイン登録のリンク

  • お名前.com
    ※最安値でドメインが取得できます。取得ドメインの数が豊富です。
  • さくらインターネット
    ※企業向けドメインが豊富。サポートも充実しています。

 

 

VPS(仮想専用サーバー)リンク

 

2.CSR(Certificate Signing Request)の作成

ターミナルソフトからVPSにSSH接続し、以下のコマンドを実行します。

2048 ビットの RSA 鍵ペアを生成します。キーフレーズを入力してください。

openssl genrsa -aes256 2048 ><任意の名前>.key
Enter pass phrase: キーフレーズを入力してください。鍵のパスワードのようなものです。
Verifying – Enter pass phrase: 確認用に キーフレーズを入力してください。

[<任意の名前>.csr] という名前でCSRを作成する。コマンド実行するといくつかの質問事項が表示されますので、CSR作成に必要な事項を入力します。

openssl req -new -key <任意の名前>.key -out <任意の名前>.csr -sha256

 

表示内容 設定値 説明
Enter pass phrase for <任意の名前>.key: 先ほどのキーフレーズを入力してください。
Country Name [XX]: JP “JP” を入力
State or Province Name []: Osaka 都道府県を入力
Locality Name [Default City]: Osaka-shi 市町村名 を入力
Organization Name [Default Company Ltd]: 組織名を入力。個人では空白でよいでしょう。
Common Name []: ○○○.com 証明書実装するドメイン名を入力します
Email Address []: 空白にします。

入力しないでください!

A challenge password []: 空白にします。

入力しないでください!

Organizational Unit Name []: 空白にします。

入力しないでください!

An optional company name []: 空白にします。

入力しないでください!

 

以下のコマンドを実行し、CSR内容を確認します。

openssl req -noout -text -in <任意の名前>.csr

 

keyファイルとcsrファイルは重要なファイルなので、無くさないよう厳重管理してください。

 

 



3.さくらのSSL証明書を申し込む

CSR作成後、さくらインターネットのサイトへアクセスします。(https://www.sakura.ne.jp/

「SSLサーバ証明書」と記載されたリンクより、サーバ証明書のページへ遷移します。証明書の種類がいろいろありますが、今回「JPRS ドメイン認証型」証明書を申し込みます。

 

会員登録する必要がありますので、会員登録します。

 

プラン選択画面で、お申込み種別は「新規取得」、お申し込みプランから「JPRS ドメイン認証型」を選択します。※1

※1 「JPRS ドメイン認証型」はホスト名1つに対してのSSL証明書となります。「メイン認証型ワイルドカード」は、サブドメインもすべて網羅できる証明書となります。

サブドメインとは、ドメイン名”○○○.com” に “△△△.○○○.com” のようにしてドメインを区分けすることです。

 

CSRの内容確認ページが表示されましたら、先ほど作成したCSRファイルをメモ帳などのテキストエディターで開き、”—–BEGIN CERTIFICATE REQUEST—–” から “—–END CERTIFICATE REQUEST—–” までをすべて選択し、貼り付けます。

 

これで申し込みできました。「SSLサーバ証明書 認証ファイルのアップロードのお願い」メールが来るまで待ちます。

 

 

 

4.ドメインのネームサーバを設定する

ドメイン名を取得したレジストラで設定しているネームサーバ設定に「さくらのネームサーバを追加」しておくことが必要です。

お名前.com を例にします。

管理画面(お名前.com Navi )にログインし、[ネームサーバの変更] から「他のネームサーバを利用」にチェックを入れます。そうすると、お名前.comネームサーバが表示されますので、その下にさくらのネームサーバ2つ(ns1.dns.ne.jp, ns2.dns.ne.jp)を追加します。

 

 

 

 

5.認証ファイルをアップロードする

さくらの会員ページにログインし、[会員メニュートップ ]> [契約情報] > [契約サービス一覧-表示] を表示します。SSL証明書申し込みしている該当サービスの「サーバ証明書」ボタンをクリックしてダウンロードします。

認証ファイル([ランダムな文字列].txt )は、FQDN(○○○.com)配下の指定ディレクトリへアップロードします。

指定のディレクトリは、”○○○.com/.well-known/pki-validation/” となりますので、SCPなどで接続し、予めディレクトリを作成すると良いでしょう。

pki-validationディレクトリへ認証ファイルを保存します。

ブラウザーで “http://○○○.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt” とアクセスしテキストファイルが表示されたら、さくらの認証局が確認するのを待ちます。



6.サーバ証明書ファイル・中間証明書ファイル実装

さくらの会員ページにログインし、[会員メニュートップ ]> [契約情報] > [契約サービス一覧-表示] を表示します。SSL証明書申し込みしている該当サービスの「サーバ証明書」ボタンをクリックして「サーバ証明書」ファイルをダウンロードします。

次にJPRSの「中間 CA 証明書」をダウンロードします。
https://jprs.jp/pubcert/info/intermediate/

 

「鍵ファイル」、「サーバ証明書ファイル」「中間 CA 証明書ファイル」の3つがそろったら、SCPなどでサーバへアップロードします。

Apache 2.x系ですと、
/etc/httpd/conf/ssl.crt/ とかに保存しておくと良いでしょう

 

 

 

 

7.SSL証明書実装

そろそろ最後の仕上げにSSL実装していきましょう。

VPSにターミナル接続し、httpd.conf を確認してみます。

Apacheでは以下の3つのモジュール読み込みが必要です。

  • LoadModule socache_shmcb_module modules/mod_socache_shmcb.so
  • LoadModule slotmem_shm_module modules/mod_slotmem_shm.so
  • LoadModule ssl_module modules/mod_ssl.so

行頭に”#”文字がある場合は、”#”を削除し有効化します。

 

SSL実装には、他のconfをロードしてますので、記載のファイルを開きます。

下記例ですと、httpd-ssl.confファイルを開き、以下の3行を探します。

  • SSLCertificateFile
  • SSLCertificateKeyFile
  • SSLCACertificateFile

 

それぞれの行に保存したファイルを指定します。以下は例ですのでhttpdおよび証明書ファイルのあるディレクトリに読み替えてください。

※本記載は、Apacheサーバ2.2~2.4.7までの記載となります。

●鍵ファイル

SSLCertificateKeyFile /etc/httpd/conf/ssl.key/server.key

 

●サーバ証明書ファイル

SSLCertificateFile /etc/httpd/conf/ssl.crt/server.crt

 

●中間証明書

SSLCertificateChainFile /etc/httpd/conf/ssl.crt/ca.crt

 

 

httpd-ssl.confファイルを上書きしたら、Apacheのサービスを再起動します。

systemctl restart httpd.service

 

サービスが正常に稼働したら、ブログ・WEBサーバにHTTPS通信してみましょう。

ブラウザで鍵マークがついていれば、HTTPS化が成功しています。

 

ドメイン登録のリンク

  • お名前.com ※最安値でドメインが取得できます。取得ドメインの数が豊富です。
  • さくらインターネット ※企業向けドメインが豊富。サポートも充実しています。

 

 

VPS(仮想専用サーバー)リンク

 

 



スポンサードサーチ