Azure AD Connect カスタムインストールして、オンプレミスADとの同期を行う【手順解説】

Active Directory AD Connect Azure

前回までAzure AD Connect の要件など確認してきました。
今回はAzure AD Connect のカスタムインストールを行い、オンプレミスADとの同期を行っていきます。

こんな方へおススメ

・Azure AD Connect インストール方法がしりたい
・Azure AD Connect でオンプレAD環境のアカウント同期したい



1.事前準備と確認しましょう

いきなり手順は行わず、まずはモジュールダウンロードなど事前準備・確認を行いましょう。

Azure AD Connect モジュールのダウンロード

Azure AD Connect モジュールのダウンロード
マイクロソフトのAzure Active Directory Connect ダウンロードページより、AzureADConnect.msi をサーバー上にダウンロードしておきます。
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=47594

必須コンポーネントのインストール

サーバー上で AzureADConnect.msi を実行します。
ライセンス条項に同意して、[続行] クリックします。
ライセンス条項に同意

[カスタマイズ] をクリックします。
[カスタマイズ

[インストール] をクリックします。
SQL LocalDB など必須コンポーネントが自動でインストールされます。
インストール

既存アカウントで同期したい場合の手順

Azure AD Connect の同期用のユーザーアカウントは Domain Users 権限のアカウントを利用します。もし、あらかじめ同期用のユーザーアカウントを作成して権限を付与していない場合ですと、権限が足りず同期が失敗してしまいます。

「必須コンポーネントのインストール」後に対象アカウントの権限を付与しておきましょう。
Azure AD Connect 同期アカウントの権限設定


2.カスタムインストール手順

さて、ここからAzure AD Connect のカスタムインストールを行っていきます。

カスタムインストールの構成とインストール

手順1:ユーザーサインイン画面では、今回「パスワードハッシュの同期」「シングルサインオン」を選択しました。
ユーザーサインイン画面

手順2:Azure AD のグローバル管理者の資格情報を入力します。
Azure AD のグローバル管理者の資格情報

手順3:オンプレミスADのディレクトリ接続の情報を入力します。
[ディレクトリの追加] をクリックします。
オンプレミスADのディレクトリ接続

するとADフォレストアカウントの設定画面が開きます。
[エンタープライズ管理者ユーザー名] と記載ありますが、ドメインの管理者アカウントは利用できません

新しいADアカウント作成(Domain Users 権限)を選択しておくと、自動的に権限が付与されたアカウントが作成されます。
既存のADアカウントがある場合はそのアカウントを指定します。
ADフォレストアカウント

構成済みディレクトリにオンプレミスADドメインが表示され、緑マークチェックが入っていることを確認します。[次へ] をクリックします。
構成済みディレクトリ

手順4:Azure上で設定しているドメインが [確認済み] であることと、「一部のUPNサフィックスが~~」にチェックを入れます。[次へ] をクリックします。
Azure AD サインインの構成

手順5:ドメインのOU階層が表示されるので、同期したいOUのみにチェックを入れます。[次へ] をクリックします。
※すべてのドメインとOUを同期することは、障害発生時にユーザー影響が大きいので、検証用のOUのみ同期するのをおすすめします
ドメインのOU階層

手順6:[次へ] をクリックします。
一意のユーザー識別

手順7:特定のグループに所属しているユーザーのみ同期させたい場合は、グループ名を入力します。
今回は特定OUのみに同期させますので、[すべてのユーザーとデバイスの同期] を選択して、[次へ] をクリックします。
同期

手順8:オプションを確認して、[次へ] をクリックします。
オプション確認

手順9:シングルサインオン有効時にはオンプレミスADのドメイン管理者アカウントを入力・設定します。
[資格情報の入力] をクリックしドメイン管理者アカウントとパスワードを入力します。
緑のチェックを確認し、[次へ] をクリックします。
シングルサインオン有効

手順10:構成情報をすべて確認し、[インストール] をクリックします。
構成情報をすべて確認しインストール

手順11:構成が成功しましたら、下記画面になります。
[終了] をクリックします。
構成が成功


Azure との同期を確認してみる

Azure AD Connect のインストール後に、[スタートメニュー] > [Azure AD Connect] > [Synchronization Service] を選択して起動します。

すると、既定では30分ごとに同期が実行されますので、Status が Success であれば問題なくAzure AD Connect は動作しています。
Azure AD Connect 動作

アカウント同期に成功すると、Azure ポータル画面の設定(ユーザーアカウントの設定)が変わります。
対象アカウントの [同期されたディレクトリ]項目が「はい」となっていれば、AzureとオンプレミスADとの同期は正常に行われています。
同期されたディレクトリ

以上となります。

スポンサードサーチ