インフラ基盤の備忘録 徒然なる日々のメモ

リモートワークに関する記事一覧


Microsoft365 リモートワーク

Teamsのweb会議で大勢の人数が参加する場合、出席者リストをダウンロードして確認する方法があります。 しかし、Microsoftからの機能は提供されているにも関わらず、「出席者リストがダウンロードできない」「会社のTeamsでは機能が利用できない」といった状況が発生しています。 この状況の場合ですと、出席者リストは、管理者がPowershellコマンドで設定する必要があるため、契約しているMicrosoft365テナントの管理者でポリシーの設定変更することで対応できます。

リモートワーク

Teams のWeb会議で資料を画面共有して解説していると、発表する側のパソコン画面サイズによって資料が見えなかったりします。 資料が見ずらいだけでも、会議に参加した人からは、 「文字が小さすぎて見えない」 「エクセルの倍率上げたせいで画面が崩れた」 など、せっかく作成した資料も台無しになってしまいます。 少なくとも印象は良くないです。

Microsoft365 リモートワーク

7月8日のマイクロソフトブログにてTeamsのWeb会議機能に「Togetherモード」と呼ばれる仮想ルーム機能が実装予定と発表されました。 機能の提供は、2020年8月予定となっています。

リモートワーク

在宅勤務を行っているものの、やはり事務所での業務とは違ってきていろいろ不便なことがあります。 少しでも在宅ワークのをもっと快適にするパソコン回りのグッズを紹介します。

Microsoft365 リモートワーク 働き方改革

Teams にはメールを利用してメッセージ投稿できる機能があります。パートナーさんはメールを利用することで、Teams のみで業務のやり取りができ、業務の効率化が可能になります。

Microsoft365 リモートワーク

Microsoft Teams でのチームを作成したのはよいけど、組織内のメンバー登録は一人一人アカウントを入力して、参加要請を送っている管理者さんもいます。 この方法ですと、10名程度の場合はそんなに問題ないと思いますが、例えば50人とか登録するとなると面倒ですよね。

リモートワーク

ちょっとした打ち合わせや会議を行いたい場合、web会議システムの Zoom がおすすめです。 Zoom のセットアップを紹介し、数人でのweb会議の開催を行っていきます。

Windows 10 リモートワーク 働き方改革

今年に入り在宅勤務といった事務所に出社しないで業務を行う形態が進行してきました。在宅勤務といっても、「自宅での勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィスでの勤務」といった形態があります。 漠然と何をすれば良いのかが見えない状況で、どうすれば在宅勤務が可能か?という視点で必要な環境を考えてみました。

error: Content is protected !!