Chromium版 Microsoft Edge の正式リリース

ChromiumEdge

Chromium版 “Microsoft Edge” がマイクロソフトより正式にリリースされました。
インストーラーをダウンロードし、手動でアップデート可能になりました。
今回手動でアップデートしたので、画面メモを残しておきます。

1.自動配布時期

WindowsUpdate経由での自動配布時期なのですが、日本ではまだまだ配布されません。
具体的には、なんと「2020年4月1日以降」とされています。

確か e-tax の動作はIEが必須だったような気がします。混乱を避けるのが懸命の判断ですね。

WindowsUpdateでの配布はまだまだ先のことになりそうです。企業の方はやや安堵といったところですね。

※日本のお客様に対しては、確定申告への影響を考慮し、Windows Updateを通じた新しいMicrosoft Edgeの配信は令和2年4月1日以降、順次開始される予定です。

マイクロソフトブログ抜粋
https://blogs.windows.com/japan/2020/01/16/new-year-new-browser-the-new-microsoft-edge-is-out-of-preview-and-now-available-for-download/




2.スクリーンショット

手動でアップデートし検証したい方もいるかと思います。
まずはマイクロソフトのダウンローページへアクセスし、ダウンロードボタンをクリックします。
公式ダウンロード:
https://www.microsoft.com/en-us/edge?form=MO12GC&OCID=MO12GC


 
ファイルを実行すると自動的にアップデートします。
画面は、Google Chrome のような画面で、下へスクロールすると ニュースが表示されます。


 

リリースバージョンは、79.0.309.65 となっています。

スポンサードサーチ