Windows UpdateでChromium Microsoft Edge に置き換える更新プログラムが提供される

ChromiumEdge Windows 10


今年の初めに Chromium版 Microsoft Edge がリリースされ、ようやくWindows Update 経由でのアップデートが可能となりました。

アップデートはどうしたらよいか、どのようなアップデートになるかの情報を集めまとめました。

結論から、個人ユーザさんではアップデートしても問題ないと考えます。しかし、企業用パソコンでは十分な検証が必要です。アップデートは慎重に検討したほうが良いです。


前提としてWindows Updateの更新プログラムの適用が必要

マイクロソフトは以前にEdge用のアップデートプログラムを2つ( KB4541301 とKB4541302)リリースしていました。

今回リリースされたプログラムは KB4559309 で、KB4541301 (Windows 10 バージョン1803 /1809)、KB4541302 (Windows 10 バージョン1903/1909)の更新プログラムを置き換えられます。

この更新プログラム経由で Chromium版 Microsoft Edge が適用されるとのことです。

◆対象
Windows 10 (1803、1809、1903、1909、2004 のバージョン)

KB4559309
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4559309/update-for-the-new-microsoft-edge-for-windows-10-version-1803-to-2004



Chromium版 Microsoft Edge へ移行した場合の影響範囲

新しいChromium版 Microsoft Edge へ移行した場合には、以下の動作になるとのことで、利用する分には影響がないと考えます。

  • スタートメニューピン、タイル、ショートカットは新しい Microsoft Edge に移行
  • タスクバーピン、ショートカットは新しい Microsoft Edge に移行
  • Microsoft Edge タスクバーに固定(ピン留めの場合は置き換え)
  • パスワード、お気に入りは新しい Microsoft Edge に移行

その他ではタブなどのデータも同様にほぼ問題なく移行されるので安心です。



企業用パソコンでは十分な検証が必要です

企業用パソコンでのアップデートには十分な検証を行ったほうが良いです。

Windows Update 経由での Chromium版 Microsoft Edge をインストールすると、更新プログラムの削除はサポートされないので、不具合が発生しても、以前のバージョンのEdge元にもどせなくなります。

企業で利用する場合の対処案として、マイクロソフトより msiファイル を入手し展開するほうが良いと考えます。
ソフトウェアの配布方法は以下が可能です。

Active Directory によるソフトウェア配信
手動によるソフトウェアインストール

企業用パソコンの場合、どうしても社内システムやセキュリティの観点から検証項目が多くなります。
台数が多い場合、ブラウザーを戻すとなるとほぼ不可能に近いです。

このような想定から、Windows Update 経由での Chromium版 Microsoft Edge 配布を慎重に検討したほうが良いです。

スポンサードサーチ