DISM コマンドのcapture-imageオプションを利用して、Windowsイメージを作成する

Powershell Windows 10 WindowsPE


WindowsPEメディアを利用して、”DSIM /Caputure-image” コマンドを利用して、WIM形式のイメージを取得します。

前回Windows展開サービスでのイメージ取得を行いましたが、パソコンでPXEブートできないとか制限がある環境とかある場合に有効です。

今回は、WindowsPEディスクを利用して、ネットワークの共有フォルダへイメージを作成する手順を紹介します。

内容は少ないため、全体的に記事は短めになっています。



1.必要なものをそろえる

イメージの作成の前に必要なものをそろえます。

  • Sysprep済みのマスターイメージ用PC
  • WindowsPEディスク
  • ネットワーク接続環境

これだけです。
WindowsPEディスクは、マスターイメージ用PCに搭載されているネットワークカードのドライバを追加しておきます。
また、ストレージドライバーなども最新にしておくのが無難です。

2.共有フォルダへ接続する

WindowsPE自体はDHCP設定になってますので、IPアドレスを固定します。そのあとにネットワーク共有フォルダへドライブマウントし、コマンドにてイメージ取得という流れになります。

IPアドレス固定

WindowsPE起動後に、共有フォルダへアクセスするため、IPアドレス設定のコマンドを実行します。

(IPアドレス設定)
netsh interface ipv4 set add name=”イーサネット” source=static addr= <IPアドレス> mask=<マスク> gateway=<デフォルトゲートウェイ>

ネットワークマウント

IPアドレス設定しネットワーク接続したら、共有フォルダへマウントします。
マウントするドライブレターは任意ですが、XドライブはWindowsPE用なので除外します。

例えば、Qドライブとしてマウントします。
(共有マウント)
net use <ドライブレター> <IPアドレス/共有名>

net use q: \\172.16.10.12\Image

コマンド実行後、Notepadを起動してみると、ネットワークマウントされているのが確認できます。



3.コマンド実行しイメージ作成

ネットワークドライブがマウントできましたら、DISMコマンドでイメージを取得します。

コマンドとオプション
Dism /Capture-Image
/ImageFile: /CaptureDir:/Name:
[/Description:]
[/ConfigFile:]
{[/Compress:{max|fast|none}] [/Bootable] | [/WIMBoot]}
[/CheckIntegrity]
[/Verify]
[/NoRpFix]
[/EA]

必要なオプションを選択します。
以下の設定を選定しました。

  • イメージの作成日時等を記載(Description)
  • ファイルの圧縮(Compress)
  • Wimファイルの破損検出の有効化(CheckIntegrity)
  • エラーチェック(Verify)

Dism /Capture-Image /ImageFile:<保存先> /CaptureDir:<取得先> /Name:<イメージ名> /Description:<説明> /Compress:fast /CheckIntegrity /Verify

イメージが作成されるのを確認したのち、マスターイメージのWindowsPEをチャットダウンします。
Wpeuti.exe /shutdown

以上となります。

スポンサードサーチ