WindowsPEに関する記事一覧


Windows 10 WindowsPE WindowsServer

Windows10 May Update (2004) のリリースされ、Windows 10 用の Windows アセスメント & デプロイメント キット (Windows ADK) も最新化されました。 ダウンロードリンクの紹介とインストール方法を紹介します。

Windows 10 WindowsPE WindowsServer

Sysprep済みのカスタムイメージをWindows展開サービスを利用して配信する手順を解説します。 手順はシンプルで、2ステップの手順でWindows 10 をインストールできます。

Powershell Windows 10 WindowsPE

WindowsPEメディアを利用して、"DSIM /Caputure-image" コマンドを利用して、WIM形式のイメージを取得します。 前回Windows展開サービスでのイメージ取得を行いましたが、パソコンでPXEブートできないとか制限がある環境とかある場合に有効です。

Sysprep WindowsPE WindowsServer

Sysprep実行してマスターPCを作成した後はどのようにイメージをとるか迷います。 前回に構築した Windows展開サービス を使って、Windowsイメージバックアップを作成します。 OS標準のアプリケーションを利用すれば、費用も掛かりませんし、簡単にイメージバックアップが取得できます。

Sysprep Windows 10 WindowsPE WindowsServer

「Windows展開サービス」というWindowsサーバOS標準に搭載されている機能があります。 要約すると「サーバからWindowsオペレーティングシステムを配信する」サービスです。

Sysprep WindowsPE

Sysprepを利用した応答ファイルの作成と設定例を交えて手順を公開します。 応答ファイルを作成すると便利なのは、マスターイメージ作成時におけるPC設定とパソコンを大量展開(セットアップ)できます。

Sysprep WindowsPE

Sysprepツールはどのような時に使うのか明確ではなく何となく利用しているSEさんが多いのではないでしょうか。ツールは間違った利用をするとライセンス違反となりますので、Sysprepツールの注意事項と前提項目を記載したいと思います。

Sysprep WindowsPE

Sysprepを用いてWindows オペレーティングシステムのリファレンスイメージ(マスターイメージ、雛形イメージなどと呼ばれる)を多数のコンピュータへ複製する際に知っておくべき項目を記載します。Sysprepを利用しての構成パスはどれを選べば適切か、またその構成パスが利用される流れを記載します。

Windows 10 WindowsPE

今回は、どのようにカスタマイズを行うのかの基本的な概要をご紹介します。 カスタマイズ例として、IPアドレス変更するバッチファイル配置して実行してみます。

Windows 10 WindowsPE

Windows PE の作成手順を紹介します。今回、日本語の表示ができるように日本語の地域設定や言語設定を追加して、Windows PE が日本語で利用できるようにします。