Sysprepを使ってWindows10展開に利用する構成パス【generalize/specialize/oobe】

Sysprep WindowsPE

Sysprepを用いてWindows オペレーティングシステムのリファレンスイメージ(マスターイメージ、雛形イメージなどと呼ばれる)を多数のコンピュータへ複製する際に知っておくべき項目を記載します。Sysprepを利用しての構成パスはどれを選べば適切か、またその構成パスが利用される流れを記載します。

Windowsオペレーティングシステムのインストールおよび起動にはいくつかのフェーズがあります。

通常、メーカー製パソコンを利用する際や、新規にOSインストールする場合でしたら、「インストール画面」「使用許諾」「設定画面」「Windows へようこそ」などが表示されます。

Windows へようこそ画面では、アカウントの作成や各設定の有効・無効などを決めたりします。この一連の流れは「構成パス」と呼ばれる各機能が実行されています。



1.構成パスの一覧

構成パスを抜き出してみました。
マイクロソフトのページからの意訳で変な日本語かもしれませんが、構成パスは7つあります。
具体的には、”auditSystem”, “auditUser”, “generalize”, “offlineServicing”, “oobeSystem”, Specialize”, “windowsPE” の7つです。

構成パス名称 概略
auditSystem 監査モードで使用される構成パスの 1 つ。Sysprep の応答ファイルを適用したり、OSを再シールするためのモード。
auditUser 監査モードで使用される構成パスの 1 つ。Sysprep の応答ファイルを適用したり、OSを再シールするためのモード。
generalize Windowsイメージを多数のコンピュータへ展開するための準備を行うための構成パス。
offlineServicing Windowsイメージにパッケージ、ドライバー、他の更新プログラムインストールするための構成パス。
oobeSystem エンドユーザへのユーザーインターフェースのページを構成するパス。例えば、OS起動時に「Windows へようこそ」画面のページとその内容を構成します。
specialize 特定のWindows導入設定をカスタマイズします。
windowsPE Windowsセットアップの一部側面だけではなく、Windows PE を構成します。

 

■”auditSystem”, “auditUser” の2つについては一般的に利用しません
OSカスタマイズ後、SIDとよばれる内部IDを初期化し、OSを再シールするために利用します。
メーカー製のパソコンでは、メーカー特有のソフトウェアがインストールされていることが多いと思います。「監査モード」と呼ばれるモードでこれらのカスタマイズを行うための構成パスです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひと目でわかるWindows Server 2019 [ 天野 司 ]
価格:3080円(税込、送料無料) (2020/2/15時点)

2.Sysprepで利用する構成パス

構成パスの流れ

構成パスをすべて利用する必要はなく最低限の構成パスでOSの大量展開ができます。
この中で3つの構成パスを利用します。

  • Specialize
  • Generalize
  • Oobe

基本的にこの3つで事足ります。それぞれの構成パスの概要を記載したいと思います。

Specialize 構成パスの概要

Windowsセットアップ中に実行される構成パスです。この構成パスでは、OS特有の設定を適用したりすることができます。ネットワーク設定、OS内部設定などが適用できます。
例えば、「IE11のホームページの変更」、「ブラウザー設定の変更」などが可能となります。

Generalize 構成パスの概要

OSイメージ作成するための構成パスです。

企業・組織用にWindowsのリファレンスイメージを作成するために利用されます。
Generalize 構成が有効の場合、Windowsリファレンスイメージの自動展開が実施され、OSが構成されます。

この時に、「端末固有のセキュリティID(SID)の初期化」「ハードウェア特有の設定(ドライバーなど)の削除」が行われます。

Oobe 構成パスの概要

利用者が初回にOSを起動する際に実行される構成パスです。
イメージ的には、「購入して初めてパソコンを起動した状態」と考えて差し支えないでしょう。

oobe実行時には、Windows Shell や他のソフトウェアが起動する前に、一連のタスクが実行できます。
例えば「ローカルアカウントの作成」、「初回ログオン時のコマンド自動実行」などが可能となります。


3.まとめ

Sysprepを使ってWindows10展開する際の構成パスについて記載してみました。
構成パスが7つあり、その中で利用するのは3つで事足ります。

マイクロソフトのページ内容は英語表記が多く、機械翻訳なので理解が大変ですが、この記事が助けになれば幸いです。

スポンサードサーチ