Office365 ProPlus で skype for business をインストールしない方法

Microsoft365


Microsoft 365 ProPlus を通常インストールすると Skype for Business を含む製品がすべてインストールされます。

Teams と Skype for Business の2つの製品が同時に存在すると、利用ユーザさんが困ってしまいます。

たとえば、Teams 利用したいけど、Skype for Business もインストールされることで、利用者から「TeamsとSkypeどちらの製品を使えばよいの?」「Skype for Business って必要?」といった疑問があります。

Microsoft 365 ProPlus を利用される場合、結論から「Office 展開ツール (ODT) 」でインストール制御できます。

このOffice 展開ツールによるインストール制御方法を紹介します。


Office 展開ツールの準備とインストールモジュールの用意

Office 展開ツール (ODT) を使用して、Microsoft 365 アプリのダウンロード、展開ができます。

どういった制御が可能かというと、以下が主な制御になります。

  • インストールする製品
  • 言語の種類
  • アプリ更新方法
  • インストール時のユーザ操作

この中で「インストールする製品」の制御を行うことで Skype For Business 除くインストールが可能になります。

3つの手順で簡単に制御できてしまいます。

  1. Office 展開ツール の準備
  2. xml ファイルの編集
  3. モジュールのダウンロード

Office 展開ツール の準備

まずは、Office 展開ツール の準備から始めます。

マイクロソフトのOffice 展開ツールダウンロードページよりツールをダウンロード・展開しておきます。
“Setup.exe” と “configuration-Office365-x86.xml” の2つです。

xml ファイルの編集

Xml ファイルの内容を利用用途にあわせて変更します。

ダウンロードしたxmlでの編集する場合、編集する箇所は、「チャネル」「共有フォルダ」「言語」「除外製品の指定」です。

製品除外するには、ExcludeApp ID=”” を利用します。

今回、Skype for Business の除外するので Lync を指定。

<Configuration>
<Add OfficeClientEdition=”32″ Channel=”チャネル” SourcePath=”サーバの共有フォルダパス” >
 <Product ID=”O365ProPlusRetail”>
  <Language ID=”言語” />
  <ExcludeApp ID=”Lync” />
 </Product>
 <Product ID=”VisioProRetail”>
  <Language ID=”en-us” />
 </Product>
</Add>
<!–  <Updates Enabled=”TRUE” Channel=”Monthly” /> –>
<!–  <Display Level=”None” AcceptEULA=”TRUE” />  –>
<!–  <Property Name=”AUTOACTIVATE” Value=”1″ />  –>
</Configuration>

 

◆参考(アプリ製品と除外オプション)

製品 ID
Access Access
Excel Excel
OneDrive for Business Groove
Skype for Business Lync
OneDrive OneDrive
OneNote OneNote
Outlook Outlook
PowerPoint PowerPoint
Publisher Publisher
Teams Teams
Word Word

モジュールのダウンロード

Microsoft 365アプリのインストールファイル一式を共有フォルダなどへダウンロードします。

コマンドプロンプトやバッチファイルなどでsetup.exeを実行し、”download”オプションをつけ、編集したxmlファイルを指定します。すると指定の共有フォルダへファイルがダウンロードされます。

setup.exe /download configuration-Office365-x86.xml

カスタムインストール

「Xmlファイル」「インストールモジュール」が用意できましたら、あとはインストールするだけです。
コマンドプロンプトやバッチファイルなどでsetup.exeを実行し、”configure”オプションをつけ、編集したxmlファイルを指定します。

setup.exe /configure configuration-Office365-x86.xml




まとめ

構成ファイル(xmlファイル)の記載方法やオプション指定することで、Microssoft 365 アプリの制御が容易になります。
企業内でのアプリ製品の導入・削除・更新といった管理もしやすいです。



スポンサードサーチ