Sysprep Windows 10

監査モードを利用してWindowsのマスターイメージを作成する方法を解説します。 今回の内容では、「マスターイメージ作成の基本」「イメージ作成のポイント」理解に役に立つと思います。

Sysprep Windows 10 WindowsPE WindowsServer

「Windows展開サービス」というWindowsサーバOS標準に搭載されている機能があります。 要約すると「サーバからWindowsオペレーティングシステムを配信する」サービスです。

Sysprep WindowsPE

Sysprepを利用した応答ファイルの作成と設定例を交えて手順を公開します。 応答ファイルを作成すると便利なのは、マスターイメージ作成時におけるPC設定とパソコンを大量展開(セットアップ)できます。

Sysprep WindowsPE

Sysprepツールはどのような時に使うのか明確ではなく何となく利用しているSEさんが多いのではないでしょうか。ツールは間違った利用をするとライセンス違反となりますので、Sysprepツールの注意事項と前提項目を記載したいと思います。

Sysprep WindowsPE

Sysprepを用いてWindows オペレーティングシステムのリファレンスイメージ(マスターイメージ、雛形イメージなどと呼ばれる)を多数のコンピュータへ複製する際に知っておくべき項目を記載します。Sysprepを利用しての構成パスはどれを選べば適切か、またその構成パスが利用される流れを記載します。

Windows 10 WindowsPE

今回は、どのようにカスタマイズを行うのかの基本的な概要をご紹介します。 カスタマイズ例として、IPアドレス変更するバッチファイル配置して実行してみます。

Windows 10 WindowsPE

Windows PE の作成手順を紹介します。今回、日本語の表示ができるように日本語の地域設定や言語設定を追加して、Windows PE が日本語で利用できるようにします。

Windows 10 WindowsPE

Windows 10 バージョン1909 に対応したWindowsPE 環境を構築するための、 Windows Assessment and Deployment Kit (通称、Windows ADK) のインストール手順を紹介します。

iPhone ガジェット

2020年3月後半に発売されると「噂される iPhone SE2(仮称)もしくは iPhone 9(仮称)」は「買いか?」について考えてみたいと思います。いろいろ噂となっていますが、各国のニュースサイトやサプライチェーン情報では現実味がありそうですね。ここでは iPhone 9(仮称)と記載します。

ChromiumEdge

Chromium版Edgeインストールして日々検証しています。以前のEdge版に比べ使い勝手は良いと感じています。 初期セットアップからすぐに変更するほうが良い設定を3つ紹介します。